不用品を上手に捨てるコツとは?増えるモノを処分しよう!

- 不用品回収業者はこう選べ!




不用品回収業者はこう選べ!

最近は不用品回収業者が乱立している状況だが、製品ライフサイクルが短く不用品や粗大ごみが頻繁に発生する現代日本では仕方のないことだろう。
しかし不用品回収業者が乱立していると当然悪質な業者も出てくる。
無料や激安を謳っておきながらいざ見積もりを依頼すると高額請求されたり、回収を断ると出張費を請求してくるなんて日常茶飯事だ。

そこで良質な業者を選ぶコツを紹介しよう。

・査定書類の作成
・許可の有無
・出張見積もりの費用

まず査定書類の作成だが、実際に書類を作成してもらえなくても問題はない。
ポイントは「事前に」「おおまかな金額」が提示できるかどうかだ。
基本的に回収料金はサイズや重量で計算できるため、回収品のおおまかな金額は提示できないとおかしい。

許可の有無については、正直難しい問題でもある。
もちろん一般廃棄物もしくは産業廃棄物収集運搬の許可を得ている必要があるが、一般廃棄物と産業廃棄物の違いは無いに等しいのが現状だ。
とりあえずはどちらでもいいので許可の有無を確認できれば問題ないだろう。
ちなみにリサイクルショップの場合は「古物商許可」が必要になる。

冒頭でも書いたが、出張見積もりに費用が発生するかは絶対に確認しておきたい。
事前の見積もりでおおまかな金額はわかるが、実際の回収費用は現地で確認が必要になる。
そのときに多少値段が上下する可能性があるので、断ることも考えて確認しておこう。

悪質な業者も存在するが、逆に良心的な業者もいる。
トラブルを未然に防ぐためにも下調べは確実に行おう。

  « 前の記事: を読む