不用品を上手に捨てるコツとは?増えるモノを処分しよう!

- 不用品は考え方で捨てられる

更新情報




不用品は考え方で捨てられる

不用品は気づくと増えているものだ。
衝動買いした便利グッズやサイズの合わなかった製品、友人からもらったお土産など多岐にわたる。
もちろん、保管しておくことでいつか使用する時に備えておく意味もあるだろうが、全ての不用品が使用を前提に保管してある訳ではないだろう。
際限なく増えて取り返しがつかなくなる前に、減らすため努力をしよう。

不用品を認識する

気づいたら増えている、という場合は使えないことから目を逸らしていることが多い。
サイズが合わない、性能に不満があるなど実用に耐えない理由があるにも関わらず、お金を払って買ったものだからと捨てることは選択肢にない。
そこで必要なのがその商品を買ってしまった「自分のミス」を認識することだ。
折角お金を払って買ったにも関わらず使わない・使えないのは「下調べが足りない」「衝動買いを抑えられない」という自分のミスだ。
保管しておいたところで商品は変化しないし、お金が戻ってくる訳でもない。
捨てて同じ間違いを二度としないように意識するほうが建設的である。

捨てる決断をする


捨てる決断の早さは性格によってかなり差がある。
不用品を増やしがちな人ほど決断は遅い。
決断の遅さには「元を取りたい」「もったいない」という考えが原因の場合が多いが、「捨てるのが面倒」という場合もある。
しかしどの原因だとしても「使わないもの」を捨てない理由にはなり得ない。
いざという時に備えて保管しておくことも避けた方が良い。
「いざ」がいつ来るかもわからないし、時間が経てば経つほど商品の価値は下がり、保管のコストも増大する。
保管のコストと言うと実感が湧かないかもしれないが、保管のスペースや掃除の手間のことだ。
早く手放す決断ができれば売ることや譲れる可能性も高まる。
保管にはコストが掛かり、時間が経つほど捨てる以外の選択肢が減ることを覚えておこう。

収納を減らす

認識と決断ができれば不用品回収千葉の業者に依頼することで不用品は減らすことができる。
ここまで来れば後は増やさないことを徹底するだけだ。
増やさないためには収納を減らす必要がある。
今は本棚には読まない本が並び、衣装ケースには気に入らない洋服が入っていることだろう。
それを一度全て捨ててしまい、できれば収納自体を減らしてしまうと良い。
収納がなければ自然と物の選別ができ、使用頻度の高い物が残るだろう。
この環境ができあがり、この空間に慣れることができれば保つことは容易である。
もしまだ躊躇っている人がいるのなら、自治体の粗大ごみ回収でも不用品回収千葉の業者でもいいので、この後すぐに依頼することをお勧めする。